避難者実態調査報告は主に神戸市内なる避難所に居住する避難者の、震災による生活の変化、長期にわたる避難所生活の影響等を把握し、今後人としての尊厳をもって生活するための改善の課題を明らかにするために実施されました。
 調査方法は、調査員による聞き取りです。調査員は、兵庫県被災者連絡会のメンバー、そして、調査協力員として参加してくれたボランティアによって行われました。調査基準日は、1995年9月1日です。

 今回の分析の対象は、445世帯1,113人です。神戸市災害対策本部発行の「待機所等速報値」(9月13日付)の39.9%になります。

生活の状況

収入等の金銭的なことの調査です

就業の状況

就業の状況、従業の形態についての調査です

今後の要望

今後の市や国に対しての要望です

1/4 次のページ

2005,7, 3
ウェブサイトを全面リニューアルしました。今後ともよろしくお願いします。

「被災地生活実態調査報告」をアップしました。

ホームお知らせ活動報告コラムデータベース震災の記事団体概要ギャラリーご相談・質問リンクサイトマップ
2005 Hyogo-prefecture Earthquake-victims Network, All right reserved.