今後の要望

仮設住宅にはいりたい


勤務先の近くの仮設住宅にはいりたいだけ。住むところがあるのに仮設にはいっている人は返してもらいたい
避難所であってもとにかく各世帯ごと、個室(そういったスペース)をそろそろ実現して詰め込むという考え方を根本から正してもらいたいと思う。プライバシーについては全く無視され続けている。例:未だ男女混合で雑魚寝。外部との連絡について:この小学校では電話がはずされたのでかかってくる急用があった場合、連絡がとれなくて困る。郵便用の置き箱もも外された。
義援金配分の検討
避難所外の知人が居るところも、一緒の扱いをして欲しい。5月末まで学校にいて病気でしかたなく知人の家に入り苦労しています。今一度考えてください。
銭くれ
県、市は災害援護金支給をお願いします。
銭くれ
銭くれ
高級住宅の大増設(仮設はいらない)。生活に根ざした希望入居とその約束。空港建設中止
仮設はいらない。一日も早く恒久住宅を望む
ボランティア活動のみなさんに対しての活動し金援助の要請
市営の店舗付き住宅建設をお願いいたします。
行政指導者の不徹底さ(市長たるものは責任をとるべし)・仮設住宅を遠方の空き地に設置することは誰でもできる。市政をつかさどるものはもっと頭を使え。市民に笑われることは今後の教訓として欲しい。
区内の仮設住宅に入れるようにして欲しい。市営住宅の建設(市街地)
灘区の仮設にいれて欲しい。
一日も早く市街地の県営・公営・住宅都市整備公団の建設特に家賃の大幅補助)を着工して欲しい
義援金の配布を平等に明確にして欲しい。集まった額にしては、支給された額があまりにも少なすぎる。
今私の所は元の土地に新しく家を再建中で10月末できる予定です。子どものいる家庭を1日も早く仮設にいれて上げて欲しいと思います。
民間の住宅を借りた場合と同じように(スーパーハウス)等をリースして住宅にする場合も、同様に助成金を30万出しては欲しい。家族一緒に住むために。
市営、県営住宅に入りたい
市営、県営住宅に金を出してもいいからいれて欲しい。
仮設入居に関して構成に扱って欲しい。
早く仮設を建てる
暖かくして欲しい。仮設にはいる場合にはストーブを入れさせて欲しい。
炊事場で共同の調味料
各避難所で生活相談ができるように。震災後小食になり、アルコールが増えた。
震災での弱者は年齢、性別に関係なく皆同じである。実状に応じた対策をして欲しい。例えば、母子家庭に対しての父子家庭への対策は? 被災者の立場になって真剣に取り組んで欲しい。

前のページ 4/4

2005,7, 3
ウェブサイトを全面リニューアルしました。今後ともよろしくお願いします。

「被災地生活実態調査報告」をアップしました。

ホームお知らせ活動報告コラムデータベース震災の記事団体概要ギャラリーご相談・質問リンクサイトマップ
2005 Hyogo-prefecture Earthquake-victims Network, All right reserved.